伏 鉄砲娘の捕物帳

狩る者と狩られる者の運命の出会い

上映スケジュールはコチラ!
伏 鉄砲娘の捕物帳
伏 鉄砲娘の捕物帳
伏 鉄砲娘の捕物帳

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

伏 鉄砲娘の捕物帳

生まれ育った山奥で狩りをしながらたった1人で生きる14歳の少女・浜路には江戸で仕官の道を志す兄・道節がいた。折から江戸では人と犬の血を引く〈伏〉と呼ばれる者たちが凶悪事件を起こし、「伏狩り令」が出されていた。懸賞金を狙う道節は猟師としての腕を見込んで妹を呼び寄せる。鉄砲を担いで江戸に辿り着いたものの、右も左も分からず途方に暮れる浜路の前に、犬の面をつけた白い髪の若者・信乃が表れる。


解説

滝沢馬琴による江戸読本の代表作「南総里見八犬伝」は、歌舞伎からテレビ、映画まで数々の翻案作品を誇る名作。それを直木賞作家・桜庭一樹が、伏姫ゆかりの八犬士ならぬ、姫が産み落とした人の血を引き、人に化けて暮らす8人の〈伏〉という新解釈で書き上げた小説「伏 贋作・里見八犬伝」を、長編アニメーションとして大胆にアレンジしたのが本作だ。桜庭作品初の劇場アニメ化でメガホンをとったのは『千と千尋の神隠し』で監督助手をつとめ、『亡念のザムド』で監督デビューを果たした宮地昌幸。さらに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のokamaがビジュアルイメージを手がけ、妖しくも美しい江戸を舞台にした幻想的な活劇が誕生した。


配給東京テアトル
制作国日本 (2012)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2012年10月20日よりテアトル新宿ほか全国にて


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック