中山七里

長谷川伸の同名小説を池広一夫が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸は深川の名物男、木場の政吉は材木商の元締、総州屋の安五郎の若い衆で、材木の目利きにかけては並ぶ者がないほどの腕だ。勝負ごとの好きな彼は今日もある料亭でサイコロの最中、岡っ引に踏み込まれ、困ったところを女中のおしまに救われた。それ以来、すっかりおしまが好きになった政吉は、やくざな生活から足を洗うことを条件に彼女と結婚の約束をした。だが、おしまに気のある安五郎が力ずくで彼女を女にしたため、政吉は彼を刺し殺してしまった。一方、おしまも安五郎とのことを苦にして自害した。それから一年、旅鴉となった政吉は道中、病に苦しむおなかという女を助けた。彼女がおしまと瓜二つなのを見た政吉は、胸が高鳴るのだったが、彼女には徳之助という恋人がいるのを知ってあきらめるのだった。


解説

長谷川伸の同名小説を「沓掛時次郎(1961)」のコンビ宇野生男と松村正温が共同で脚色、これもコンビの池広一夫が監督した股旅もの。撮影は「婦系図」の武田千吉郎。出演は「女と三悪人」の市川雷蔵、中村玉緒など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)木場の政吉
中村玉緒 (Nakamura Tamao)おしま
中村玉緒 (Nakamura Tamao)おなか
大瀬康一徳之助
杉田康藤八
富田仲次郎虎太郎
沢村宗之助儀十
柳永二郎総州屋安五郎
近江輝子かね
瀧花久子お鹿
伊達三郎 (Saburo Date)弥七
市川謹也伊之吉
寺島貢浅次郎
尾上栄五郎三次郎
荒木忍吉五郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック