手討

田中徳三が監督した悲恋もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

徳川初期の明歴二年。加賀百万石の屋敷前で、旗本新藤源次郎が切腹した。ことのおこりは、過日上覧能が催された折、源次郎が退屈の余り無遠慮な欠伸をもらしたことにあった。舞台で舞っていた前田加賀守は、自分の能にケチをつけられたと思いこみ、源次郎の処分を幕府に迫った。大藩を嵩にきた理不尽な申し入れに、旗本一同は、大久保彦左衛門、青山播磨を通して松平伊豆守にとりなしを願い出た。騒ぎは大きくなり、旗本と大名の対立となった。この騒ぎを知って源次郎は、自分一人が腹を切ればすむと、潔よく男らしい最期を遂げたのだった。ある春雨に煙る一日、播磨は新藤の墓標に参った。


解説

岡本綺堂原作“お菊と播磨”を「秦・始皇帝」の八尋不二が脚色、「新・座頭市物語」の田中徳三が監督した悲恋もの。撮影はコンビの牧浦地志。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)青山播磨
藤由紀子お菊
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)新藤源次郎
成田純一郎近藤登之助
中村豊沢主水
矢島陽太郎森半九郎
佐々十郎与四松
柳永二郎松平伊豆守
阿井美千子お近
真城千都世お仙
小桜純子お歌
毛利郁子薄雲太夫
細川ちか子真弓
加藤嘉牧野備後守
名和宏前田加賀守
浅野進治郎 (Shinjiro Asano)柴田十太夫
香川良介横田備中守
荒木忍島津薩摩守
菅井一郎大久保彦左衛門
杉山昌三九奥平大膳太夫
伊達三郎 (Saburo Date)小仏小平
守田学弥六
尾上栄五郎本多上野介
南条新太郎伊達陸奥守
水原浩一鐘鬼半兵衛
浅尾奥山小栗備前
舟木洋一徳川家光
浜田雄史坂部三十郎
不破潤加賀爪甲斐
堂本寛松本甚太郎
松浦いづみ晶姫
高森チズ子お梅
原聖四郎副吏
堀北幸夫前田家先供1
岩田正権次
大杉潤前田家先供2
木村玄検死役同心
志賀明権六
西岡弘善平六
黒木英雄源八
有村淳平七
森宏之お坊主一
山中登志子玉菊
小林加奈枝茶店の老婆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック