番町皿屋敷 お菊と播磨

岡本綺堂の原作『番町皿屋敷』を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー


旗本の名門青山播磨が数多くの良縁を退けて、いまだに独身でいるのは、腰元のお菊という愛人があったからである。或る夜播磨は朋輩の旗本たちを招いて我慢会を催したが、宴半ばに将軍家薬草園附近の出火が報ぜられ、播磨は伯母真弓の火事見舞の為、直ちに馳せ参じたが、火事場は既に大名前田候の抱え火消し加賀鳶に取りしきられ通行を禁じられていた。しかし播磨は無理にこの警戒線を突破し、巳之吉(お菊兄)たち町火消しもこれに続いた。この行動は日頃仲の悪い大名対旗本、大名火消し対町火消しの対立を悪化させ、加賀鳶と町火消し「や」組との喧嘩にまで発展しそうになったが、「や」組の頭弥七は潔よくその非を認め、責任者巳之吉に髪を切らせ、火事場出入り差し止め処分で一先ず事を円く治めた。播磨もこの一件で老中より謹慎を命ぜられた。この急場を救う為に真弓は、前将軍秀忠の落胤で表面は細木掃部の息女千々姫との縁談を進め、姫の仕舞拝見に事よせ播磨と見合いをさせた。又、旗本の長老大久保彦左衛門を動かし、播磨を将軍家光の鷹野の供に加えさせた。


解説

岡本綺堂の原作『番町皿屋敷』を川口松太郎が映画的に構成、「獅子の座」の伊藤大輔が脚色監督し、撮影は「怪盗まだら蜘蛛」の杉山公平が、音楽は「魅せられたる魂」の伊福部昭がそれぞれ担当。キャストは長谷川一夫(花の三度笠)と津島恵子(美しき鷹)の初顔合せに、「美しき鷹」の田崎潤、「心の日月」の村田知英子、「怪猫有馬御殿」の阿井三千子などが出演する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
構成
脚色
原作
撮影
美術
音楽
録音
照明
衣裳考証
仕舞指導
茶道指導

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫青山播磨
津島恵子 (Keiko Tsushima)お菊
田崎潤 (Jun Tazaki)巳之吉
村田知栄子お早
阿井美千子千々姫
東山千栄子真弓
進藤英太郎大久保彦左衛門
羅門光三郎坂部
杉山昌三九久世
小柴幹治 (Kanji Koshiba)徳川家光
清水将夫加賀瓜
石黒達也長坂
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)仁平
葛木香一十太夫
尾上栄五郎弥七
厚聖四郎屋代
小川隆青山左近将監
大崎四郎喜助
伊庭駿竹松
千葉敏郎勘助
種井信子お岩
柳恵美子お歌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック