不死鳥('47)

川頭義郎の原作を木下恵介が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

程近い海から潮の香が、静かな波の音にのってくるある初秋の朝。未亡人といえば世間一般では、かげの女のようにとかく忘れられがちなものなのに−−私がどんなに今幸福であるか、誰も知らない−−と小夜は思うのであるが、誰も知らない−−と小夜は思うのである。真実こそ人間最上のものである。真実に生き抜く人こそ真に幸福な人の姿である。小夜子は恋に生き、愛に生き、はるかな希望を抱いて明日も又生きようとするのだった。他のどんな愛人同志でも、私達ほど愛し合うことは出来ないと過去の日を誇らかに思い出すのだ。その頃は小夜子は女学生服、真一は一高の制帽姿だった、そして学校の生き帰りにいつの日からとなく乙女心に印象づけられていった。真一の落した定期券を小夜子が届けたことによって、二人の青春が急速に接近していった。夢のような四年は、テニスコートの春、ドライヴの夏、音楽会の秋、ゴルフ場の春と過ぎていった。


解説

原作の川頭義郎は現在大船の助監督。監督並びに脚色は「わが恋せし乙女」「結婚(1947)」の木下恵介。同じく協力者楠田浩之の撮影。出演者は「女優須磨子の恋」の田中絹代に、佐野周二推薦佐田啓二が相手役としてデヴューするほか「二連銃の鬼」の小杉勇「処女は真珠の如く」「若き日の血は燃えて」の山内明が共演する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1947)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
田中絹代 (Tanaka Kinuyo)相原小夜子
黒沢昭二相原弘
小杉勇八坂真也
高橋とよ (Toyo Takahashi)八坂もと
佐田啓二八坂真一
山内明八坂勇二
浜野肇八坂三郎
長船ふじ子八坂保子
川頭顕一郎八坂健一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック