少年期

波多野勤子のベスト・セラーを映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

戦争末期から終戦にかけて、東京や疎開地で苦難に満ちた生活を送った一家庭のエピソードが、母と子の愛情を中心として描かれている。


解説

波多野勤子のベスト・セラー「少年期」を、「カルメン故郷に帰る」「善魔」についで木下恵介が監督する。脚本は木下と「わが家は楽し」の田中澄江の協同。出演者は「わが家は楽し」の笠智衆、「火山脈」の田村秋子、「カルメン故郷に帰る」の小林トシ子、「善魔」の三國連太郎の他、主役一郎には公募をパスした新人石浜朗少年が起用される。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1951)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
笠智衆 (Ryu Chishu)
田村秋子
石浜朗一郎(長男)
野沢哲男二郎(次男)
木下武則三郎(三男)
小林トシ子とよ(女中)
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)下村先生
紅沢葉子下村先生の母
三好栄子煙草屋のおばさん
高松栄子煙草屋のお婆さん
濱野肇大学生
二本松嘉瑞倉木(ミクロン)先生
桜むつ子山崎夫人
木下忍娘百合子
坂本武古川老人
加藤榮三清川(一郎の級友)
天野平八郎中野(一郎の級友)
北竜二 (Ryuji Kita)校長先生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック