高地戦 THE FRONT LINE

朝鮮戦争末期、歴史から消された激戦を描く

上映スケジュールはコチラ!
高地戦 THE FRONT LINE
高地戦 THE FRONT LINE
高地戦 THE FRONT LINE

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

高地戦 THE FRONT LINE

1953年、朝鮮戦争末期の停戦協議は難航を極め、南北境界線付近では、一進一退の攻防戦が2年以上も続いていた。人民軍の内通者がいる、との報を受け調査するために、激戦地・エロック高地のワニ中隊にやって来た韓国軍防諜隊中尉のウンピョは、そこで開戦直後に生き別れになった戦友・スヒョクと再会する。しかし、スヒョクは異例の出世を遂げ、冷徹な戦争マシンになっていた。やがて、高地奪還のための出撃の時がやってきて…。


解説

朝鮮戦争末期。南北境界線付近で繰り広げられたある高地を巡る攻防戦を描いた戦争映画。『JSA』の原作者で知られるパク・サンヨンが手掛けた脚本を受け、『義兄弟 SECRET REUNION』のチャン・フン監督がメガホンをとった。100万ウォン規模の予算が投下された大作だが、製作陣は「戦争をスペクタクルの道具にしない」と徹底的なリサーチと時代考証を重ねた結果、観客にはこれまでの戦争映画とは一線を画すものと迎えられ韓国国内で大ヒットを記録したという。銃弾や砲弾が飛び交い、山肌に死体が折り重なっていく─朝鮮戦争版“ハンバーガー・ヒル”とも言うべきその戦闘の迫力に圧倒されること必至だ。


配給ツイン
制作国韓国 (2011)
ジャンルドラマ アクション 戦争
公式サイト公式サイトはこちら

2012年10月27日よりシネマート新宿、シネマート六本木ほかにて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影監督
美術
音楽
衣裳デザイン
アクション
字幕

キャスト

俳優名役名
シン・ハギュン (Shin Ha-kyun)Kang Eun-pyo (カン・ウンピョ中尉)
コ・ス (Ko Soo)Kim Soo-hyeok (キム・スヒョク中尉)
イ・ジェフン (I Je-Hun)Shin Il-Young (シン・イリョン大尉)
リュ・スンス (Ryu Seung-su)Oh Gi-yeong (オ・ギヨン軍曹)
コ・チャンソク (Ko Chang-seok)Yang Hyo-sam (ヤン・ヒョサム曹長)
イ・デヴィッド (Da-wit Lee)Nam Seong-sik (ナム・ソンシク二等兵)
チョ・ジヌン (Cho Jin-Woong) (ユ・ジェホ新中隊長)
チョン・インギ (Jeong In-Ki) (イ・サンオク)
パク・ヨンソ (ファン・ソンチル)
リュ・スンリョン (Ryu Seung-ryong)Hyeon Jeong-yoon (ヒョン・ジョンユン中隊長)
キム・オクビン (Ok-bin Kim)Cha Tae-kyeong (チャ・テギョン狙撃手)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック