二人の恋人

「妻よ薔薇のやうに」の再映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

箱根に遊ぶ甲野良平、美千子の父娘、加藤悠一、次郎の兄弟の楽しげな姿。この8ミリ映画に映っている美千子の姿は、もう甲野家には居なかった。そこには、今は亡き美千子を偲ぶ良平とばあやのきみが住むのみだった。そして悠一や次郎、それに良平の出版社に勤める青木夏子と彼女の弟徹たちが集まると、話題は自然と美千子に集中した。婚約者だった悠一は、いまだに美千子の印象から抜けだせなかった。そんなある日、次郎が映画劇場の出札所で美千子と瓜二つの坂本光代に出合った。その話を聞いた夏子は、次郎に口止めし、悠一と光代を自然に合せようとした。悠一が光代に出合ったのはそれから間もなく、家出している次郎を気づかって夏子を訪ねた時だった。夏子は茫然と佇む悠一に、写真のモデルになってもらった光代を紹介した。


解説

「街に泉があった」の井手俊郎が脚本を執筆し、「兄貴の恋人」の森谷司郎が監督した青春もの。撮影は「日本一の裏切り男」の福沢康道。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1969)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
加山雄三 (Yuzo Kayama)加藤悠一
高橋長英 (Choei Takahashi)加藤次郎
高峰三枝子加藤民子
酒井和歌子 (Sakai Wakako)坂本光代
池内淳子 (Ikeuchi Junko)青木夏子
東山敬司青木徹
中村伸郎甲野良平
酒井和歌子 (Sakai Wakako)甲野美千子
賀原夏子きよ
岡田可愛村川早苗
京塚昌子千枝
稲野和子瑞枝
関口昭子芳子
春川ますみ (Masumi Harukawa)マダム
高橋厚子受付の少女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック