地上('57)

吉村公三郎が監督した文芸篇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

金沢中学五年の大河平一郎は、針仕事で生計をたてている母のお光と、遊廓裏のある置屋の二階で貧しい暮しを送っていた。ある晩、部屋に冬子という若い女が飛びこんできた。彼女は明日置屋春風楼に売られることになっていたが、階下の主人に無体をいわれて逃げてきたのだ。平一郎は泣いて訴える冬子をただ見守る他なかった。学校の授業料にも事欠いて、お光は春風楼の下働きに行こうとするが、平一郎は反対した。学校で倫理の時間に校長が将来何になるかと質問した。軍人、芸術家志望の多い中で、平一郎は私利私欲に走らぬ、貧乏人を救う政治家になりたいと言った。その現代政治への痛烈な批判に、校長は学生の本分を逸脱するなと彼を叱った。友人の深井と重い気持で下校した平一郎は、その晩母と春風楼へ引越さねばならなかった。犀川のほとりへ散歩に出た平一郎は、登校の途中よく行き会う和歌子に逢った。お互いを意識して二人は過ぎた。


解説

大正初期の作家島田清次郎の同名小説を原作に「美徳のよろめき」の新藤兼人が脚色、「夜の蝶」の吉村公三郎が監督した文芸篇。撮影は「地獄花」の中川芳久。主演は「くちづけ(1957)」のコンビ川口浩と野添ひとみ、「太夫さんより 女体は哀しく」の田中絹代、「夜の鴎」の佐分利信、「ひかげの娘」の香川京子。ほかに川崎敬三、月田昌也、三宅邦子、新人安城啓子、小沢栄太郎、信欣三など。色彩は大映カラー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1957)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
川口浩大河平一郎
田中絹代 (Tanaka Kinuyo)母お光
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)叔父八次郎
香川良介祖父六右衛門
野添ひとみ吉倉和歌子
清水将夫父達造
三宅邦子 (Kuniko Miyake)母芳枝
川崎敬三兄時雄
香川京子 (Kagawa Kyoko)冬子
佐分利信 (Shin Saburi)天野一郎
山茶花究峯屋
清川玉枝妻たみ
上田吉二郎中村太兵衛
村田扶実子妻きん
月田昌也吉田
安城啓子妹道子
入江洋佑深井
竹里光子母よし野
滝沢修 (Osamu Takizawa)明鳥
大山健二遠山(市長)
原田玄署長
見明凡太朗 (Bontaro Miake)森山(工場長)
潮万太郎寺島(総務部長)
守田学作業主任
岡村文子古竜亭の女将
信欣三里宮教師
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)校長
高村栄一
鍵山寿子春風楼の女
白井玲子春風楼の女
下平礼子春風楼の女
半谷光子春風楼の女
芥川竜子春風楼の女
楠よし子春風楼の女
如月敏子米子(舞妓)
高野道子市子(舞妓)
星ひかるけいあん
藤山浩一剣道教授
宮島城之友愛会のオルグ
三宅川和子女学生
松平直子女学生
小泉順子女学生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック