宝石泥棒

井上梅次監督のロマンティック・コメディ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

箱根レークサイドホテルに現われた美女二人、立花財閥の令嬢紫小夜子と女中秀子というふれこみだが、実はエレガントのお小夜とアトミックのデコという宝石泥棒なのである。今度の獲物は有閑未亡人近藤あづさの持つ五十カラットのダイヤ。ホテルの客、ハンサムな建築家立花健一とダンディな松野が立花家遠縁の者と聞いて、表面をつくろいながら機会をうかがう彼女等である。あづさ夫人は健一に参っているが、健一は小夜子にひかれている。夫人には佐川という得体の知れない男がまといついている。ダイヤの首飾りも誇らしげに、女王のごとくふるまう夫人をめぐって、五人の男女が動いているのである。


解説

「閉店時間」の井上梅次が脚本を執筆・監督したロマンティック・コメディ。撮影は「情熱の詩人啄木」の小原譲治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルコメディ ラブ・ストーリー


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)紫小夜子
野添ひとみ附添女中秀子
川口浩立花健一
船越英二松野五郎
菅原謙二佐川洋介
角梨枝子近藤あづさ夫人
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)宝石商の支配人
中田勉店員A
松本幹二店員B
穂積明店員C
谷謙一フロント係A
三夏伸フロント係B
川島真二フロント係C
三角八郎キールームボーイA
丸井太郎キールームボーイB
村上不二夫ホテルの支配人
大宮敏充刑事A
大塚弘刑事B
井沼隆夫警官A
剛戸勇警官B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック