いれずみ半太郎

マキノ雅弘が監督した股旅もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一人残した母に会おうとやっと貯めた十両を持って江戸へ向うのは渡世人姿も板についた半太郎、博奕もさることながら腕っ節も強い。草鞋を脱いだ当地小田原の親分原の嘉十も手ばなすのが惜しく何度か引き止めたが聞き入れる半太郎ではない。ところが、身投げをしようとしていた宿場女郎お仲を救ったことから、半太郎の運命が変った。男に騙され売られ売られてすっかりひねくれていたお仲であったが、この人こそ男だと半太郎のあとを追った。だが原一家は黙ってはいない。盗ッ人呼ばわりされた半太郎はついに嘉十とサシの勝負で話をつけようとしたが運悪く勝負は兇、なけなしの十両を取られた上お仲は連れ戻されてしまった。


解説

長谷川伸原作“刺青奇偶”を「若ざくら喧嘩纏」の野上龍雄が脚色、「大暴れ五十三次」のマキノ雅弘が監督した股旅もの。撮影は、「次郎長と小天狗 殴り込み甲州路」の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
大川橋蔵半太郎
丘さとみお仲
夏川静枝お作
進藤英太郎原の嘉十
阿部九洲男鮫の政五郎
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)初造
多々良純金八
菅貫太郎熊介
大里健太郎角兵衛又
田中春男喜兵衛
東龍子おせき
河原崎長一郎小平
立川さゆりお糸
原健策猪太郎
小田部通麿浅吉
神木真寿雄芳んべ
月形哲之介乾分A
徳大寺伸源助
河村満和彦三
国一太郎粂蔵
団徳麿杢助
島田秀雄惣兵衛
高松錦之助香伯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック