月形半平太('61)

マキノ雅弘が監督した橋蔵の半平太もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

動乱の幕末、京都に潜入した勤皇の志士たちは、奥平文之進のひきいる見廻組の隊士に倒されていった。藤岡九十郎を中心とする長洲藩士は奥平をつけ狙いチャンスをうかがっていたが、一人月形半平太のみは、無益な殺生をいましめ、桂小五郎と薩長連合に努力を傾けていた。そんな半平太を“犬侍”“腰抜け侍”と面罵する同志さえあった。ある日、千切屋で桂と密談中を、半平太は見廻組に襲われた。斬られた千切屋の家族の姿を見て、半平太は「町人までも殺すとは−−」と怒りの言葉を投げつけた。見廻組の隊士早瀬辰馬はこの言葉にうたれた。危地を脱した半平太は、祇園“かね庄”ののれんをくぐった。名妓梅松とのこまやかな心の交流だけが半平太の憩いだった。同じ頃、隣の“今市”では奥平と芸妓染八が盃をかわしていた。


解説

行友李風の原作を、「月の出の血闘(1960)」の伊藤大輔が脚色し、「江戸っ子肌」のマキノ雅弘が監督した橋蔵の半平太もの。撮影も「江戸っ子肌」の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
大川橋蔵月形半平太
丘さとみ梅松
青山京子染八
西崎みち子歌菊
高田浩吉桂小五郎
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)早瀬辰馬
近衛十四郎西郷吉之助
伏見扇太郎藤岡九十郎
沢村宗之助岡崎幸蔵
黒川弥太郎松方仙之助
小田部通麿牧佐治馬
徳大寺伸斎木又作
本郷秀雄坂出久二郎
山形勲奥平文之進
阿部九洲男荒巻八郎
近江雄二郎竹尾兵蔵
平幹二朗 (Mikijiro Hira)小宮山修平
菊村光恵お蝶
鳳衣子お角
尾上華丈 (Kajyo Onoe)茂兵衛
高橋さざ波舞妓A
笹みゆき舞妓B
津村礼司村田蔵人
有島竜司井口哲郎
神木真寿雄西木吉太郎
条ちづる芸妓甲
富永佳代子芸妓乙
春日弘伝騎
月形哲之介田代源八
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック