やくざ判官

マキノが監督した時代推理もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

本所横網の勘兵衛長屋には、浪人篠崎源左衛門とお京の父娘、人形師銀山、おこんの夫婦、羽織芸者小富、居合い抜き松下源造、飾り職太三郎、傘屋夫婦、駕籠屋八助と六助、若い浪人横山求女のほか、赤とんぼの文吉という新顔の男が住んでいる。小富は文吉に首ったけのくせに、顔を見ればケンカばかり……。ある夜、金貸しで強欲な家主勘兵衛が何者にか殺され、目明し八五郎は文吉を下手人とにらんだ。いつも「鬼勘は俺の手で眠らして、死骸にかんかん能を踊らしてやる」といっていたからだ。八五郎は、背中にサクラの刺青のある文吉をどこかで見た気がするが、どうしても思い出せない。すると、お京に好意を寄せている求女が、下手人は自分だと名乗り出た。


解説

「源九郎義経」の小国英雄と「若き日の次郎長 東海道のつむじ風」のマキノ雅弘が共同で脚本を執筆、マキノが監督した時代推理もの。撮影は、「恋や恋なすな恋」の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
大川橋蔵文吉
丘さとみ小富
浪花千栄子小富の母
宇佐美淳也篠崎源左衛門
北沢典子お京
堺駿二人形師銀山
小桜京子おこん
沢村宗之助松下源造
福田公子お兼
徳大寺伸飾屋太三郎
坂東吉弥傘屋
立川さゆりおみよ
本郷秀雄八肋
丘寵児六助
多々良純家主勘兵衛
阿部九洲男下男久助
水島道太郎原六之進
田中春男目明し八五郎
遠山金次郎手下A
高根利夫手下B
疋田圀男米揚人足A
片岡半蔵米揚人足B
伊吹幾太郎米揚人足C
名護屋一米揚人足D
神木真寿雄奉行所役人
進藤英太郎居酒屋亭主
沢村訥升横山求女
時田一男町人
尾上華丈 (Kajyo Onoe)長屋の住人A
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック