虹をわたって

家出した娘の騒動を、歌と笑いで描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

横浜を流れるドブ川のような運河に一隻のボロ船・水上ホテル「レンゲ荘」がつないである。ある日、この船に白い洋服の似合う、清楚な娘が現われた。船の持主おきんは、この娘マリには何も聞かず泊めてやることにした。この船の住人のマフィア、ハッケは今だかつて見たことのない程の美しい娘を襲うべく、真夜中、寝室に浸入したが、なんとマリだと思っていたのがおきんだったので大騒動。翌日からマリは、おきんの紹介で食道船「末広」に働くことになった。ある日、マリに暴力団京浜会の大津の魔の手がのび、マフィアに十万円でマリを売れと迫り、金を渡す。金を受け取ったもののさすがに気がひけたマフィアはマリに金の使い途を聞くと意外にも、競艇がしたいというので皆驚く。喜んだマフィア達は競艇に行くが、儲けたのはマリ一人で八十万円。その金も全部大津にまきあげられるが、マリは笑ってマフィアを許すのだった。数日後、マリは父の再婚相手の恵子と偶然会った。


解説

家出した一人の娘が、ダルマ船にまぎれ込んで来たためにまき起こる騒動を、歌と笑いで描く。脚本は「蒼ざめた日曜日」の田波靖男と、馬嶋満、監督は「喜劇 男の子守唄」の前田陽一、撮影も同作の竹内博がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1972)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
天地真理星野マリ
有島一郎星野英太郎
なべおさみ (Osami_Nabe)マフィア
谷村昌彦船長
岸部四郎ハッケ
大前均入道
立原博眼ン玉
武智豊子 (Toyoko Takeche)おきん
三井弘次豊さん
山本幸栄良造
左時枝由美
沢田研二 (Kenji Sawada)石本昭夫
財津一郎京浜会幹部
北竜二 (Ryuji Kita)チンピラ
園田健二チンピラ
大杉侃二郎大杉
高畑喜之高畑
小森英明小杉
樫明男
水木涼子せつ子
林由里和子
川島照満警官
江藤孝警官
今井健太郎医者
日色ともゑ恵子
大久保敏男先生
萩原健一 (Kenichi Hagiwara)次郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック