おしどりの間

舟橋聖一の原作を木村恵吾が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

夫会田と別れた後、経理事務所を営む皆川の世話を受け、その子まで宿した稲子。潔癖な娘の葦子はこうした母を嫌って家出の上、温泉旅館鶴の井へ女中に住込む。名も珠子と変えた彼女は女主人蔦子のお気に入り。しかし同輩のあや子は、あんたの美貌はアルサロ向き、という。ある日、娘を探し廻る稲子の訪れで葦子の正体がバレるが、母の許には戻らぬと泣伏すばかり。葦子は、蝶子という女の縁切り宣言で寂しげな四十男の貿易商越後と鴛鴦の間で知り合い、二人でドライヴする迄親しくなる。その夜、星のきらめく熱海の浜辺で二人は熱い接吻を交したが、そのまま、彼女に見送られ、越後は東京へ戻る。彼の世話でアルサロ“ブルーバード”の女給となっても最後の一線を越えぬ関係は続いた。葦子の前に第二の異性、彼女に惹かれ、何かと面倒を見てくれるボーイの安藤が現われた。現実の社会で彼女の眼にうつるのは、母や父よりもみだらな人間の集まり。だが、ある日、その店の上客である越後が彼女を誘って鴛鴦の間に赴く。


解説

別冊文芸春秋連載、舟橋聖一の原作から「天上大風」の長瀬喜伴が脚色、「世にも面白い男の一生 桂春団治」の木村恵吾が監督、同じく三村明が撮影を担当する。主な出演者は「流れる」の山田五十鈴、「あばれ鳶」の瑳峨三智子、「霧の音」の上原謙、「江利チエミの サザエさん(1956)」の仲代達矢、「この世の花」の淡路恵子、他に千秋実、南美江、森啓子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
山田五十鈴 (Isuzu Yamada)稲子
瑳峨三智子葦子
上原謙越後
千秋実皆川
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)安藤
淡路恵子 (Awaji Keiko)蝶子
南美江蔦子
本郷秀雄蝶子の連れの男
沖啓二米山
塩沢ときとし子
加代キミ子あや子
加藤治子浪子
中田康子節子
森啓子れい子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック