治郎吉格子

吉川英治の原作を伊藤大輔が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

京と大阪を結ぶ三十石船の乗合船のなかで、偽盲目の琵琶師から財布を抜かれたお仙に、商人風の男がそれを取り戻してくれた。お仙は極道者の兄仁吉のため売られゆく身、商人風の男は江戸を売った鼠小僧治郎吉であった。二人はこれが縁で同じ温泉宿へ流れ込んだが、ある朝一人立とうとする治郎吉に、惚れた女の勘で、鼠小僧と知っていたといった。大阪へはいった治郎吉は、髪結床を構える仁吉の店で、元結の行商をするお喜乃という娘に会った。お喜乃の父は江戸のさる藩邸の御蔵番をしていたが、治郎吉がその蔵を破ったため失職、病める身をお喜乃に養われていたが、仁吉から借りた金のため、お喜乃は妾勤めを強いられていた。


解説

製作は「稲妻草紙」の小倉浩一郎で、吉川英治の原作から「大江戸五人男」の伊藤大輔が脚色、監督したものである。撮影は同じく「大江戸五人男」石本秀雄である。出演者は「銭形平次・恋文道中」の長谷川一夫の二役に「この春初恋あり」の高峰三枝子、「歌くらべ青春三銃士」の岸恵子のほか、進藤英太郎、河野秋武、市川小太夫、特別出演のミス・ワカサなどである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1952)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫治郎吉
高峰三枝子お仙
岸惠子 (Keiko Kishi)お喜乃
進藤英太郎仁吉
河野秋武久六
今井清行松公
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)重松左次兵衛
小林重四郎真田丸
水上杢太郎八幡
小林立美近江
山路義人朝比奈
ミス・ワカサお才
谷晁琵琶法師
草島競子お駒
長谷川一夫道中師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック