明治一代女

川口松太郎の原作を伊藤大輔が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

柳橋芸者叶家のお梅は、三代目仙之助の名を継いで一本立ちになろうとして上京して来た若手歌舞伎役者沢村仙枝と、好いて好かれる仲になっていた。「大秀」の女将お秀は、昔仙枝の父と懇意な間柄であったのを理由に、娘の小吉をやがては仙枝の妻にと願っていたために、なにかにつけてお梅に辛く当るのであった。翌春には新富座で仙枝の三代自仙之助襲名披露公演が行われることになって居り、お梅はお秀達に対する意地からでも自分の手でそれをやり遂げさせたいと思っていたが、もとよりお梅にその様な資力のあろう筈もなかった。


解説

川口松太郎の原作を「春琴物語」の伊藤大輔が「噂の女」の成澤昌茂と共同で脚色して、演出に当る。撮影は「大岡政談・妖棋伝 (前篇) 白蝋の仮面」の鈴木博、音楽は「若い人たち」の伊福部昭の担当。出演者は「銭形平次捕物控 金色の狼」の木暮実千代が病気全快して久々にヒロインを演ずる外、「忠臣蔵(1954)」の北上弥太朗、この映画に抜擢される新人藤木の実、「東尋坊の鬼」の田崎潤、「晩菊」の杉村春子、「悲恋まむろ川」の相馬千恵子などである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
木暮実千代 (Michiyo Kogure)叶家お梅
田崎潤 (Jun Tazaki)巳之吉
北上弥太朗沢村仙枝
浦辺粂子お梅の母お兼
井上大助お梅の弟武彦
杉村春子「大秀」の女将お秀
藤木の実「大秀」の娘小吉
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)尾上梅寿郎
千明みゆき「稲舟」の主婦お絹
東京子「稲舟」の少女お糸
高堂国典 (Kuninori Kodo)「稲舟」の船頭源爺
島津猛「稲舟」の若い者銀次
今清水基二「稲舟」の安三
相馬千恵子柳橋芸者浜次
宮川玲子柳橋芸者信乃
若杉須美子柳橋芸者八重
芝田信仙枝の男衆枝若
坪井哲梅寿郎の男衆市助
小坂真一頭取彦六
山本礼三郎「彦市」の親方市蔵
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)箱丁平吉
山川朔太郎箱丁佐七
水村民子「箱市」の少女お次
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック