映画 妖怪人間ベム

妖怪人間は今度こそ人間になれるのか…!?

上映スケジュールはコチラ!
映画 妖怪人間ベム
映画 妖怪人間ベム
映画 妖怪人間ベム

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

映画 妖怪人間ベム

あてのない旅を続ける妖怪人間のベム、べラ、ベロは、かつて訪れたことのある海辺の町に辿り着く。その町でベロはみちるという少女と出会い、初めて女の子を好きになる。みちるの両親はその町にある大手の製薬会社、MPL製薬で新薬開発を担当していたが、母親の小百合は交通事故で亡くなったという…。ちょうどその頃、MPL製薬の幹部ばかりを狙う連続殺人事件が起きていた。その殺人現場には、必ず巨大な爪痕が残されており…。


解説

1968年に製作され現在でも語り継がれる伝説的なTVアニメ「妖怪人間ベム」。この作品が2011年にTVドラマとして実写化され、そして2012年、今度は映画としてスクリーンに登場した。妖怪人間のベム、ベラ、ベロを演じるのは、ドラマ版と同じく亀梨和也、杏、鈴木福の三人。妖怪のような短い外見ながら、どの人間よりも強い“正義の心”を持ち、人間たちを密かに守っている妖怪人間を三人三様に演じている。今回、ベム、ベラ、ベロが対するのは、悪の力がしみ込んだ植物の力で“人間妖怪”になった女性。夫や娘を愛しながら哀しい運命で人間妖怪になった女性を、観月ありさが切なく演じている。ドラマ版の演出を担当した狩山俊輔が、映画でも監督を務めている。


配給東宝
制作国日本 (2012)
ジャンルSF/ファンタジー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2012年12月15日より全国にて



スタッフ

監督
特撮監修
脚本
原作
製作指揮
エグゼクティブプロデューサー
Co.エグゼクティブプロデューサー
製作
プロデューサー
撮影
美術
美術プロデューサー
音楽
音楽プロデューサー
録音
照明
編集
制作担当
助監督
スクリプター
VFXプロデューサー
特殊メイク

キャスト

俳優名役名
亀梨和也ベム (ベム)
(Anne)ベラ (ベラ)
鈴木福ベロ (ベロ)
柄本明 (Akira Emoto)
石橋杏奈 (Ishibashi anna)
永岡佑
杉咲花
堀ちえみ
広田レオナ (Hirota Reona)
あがた森魚
北村一輝 (Kazuki Kitamura)
中村橋之助加賀美正輝
筒井道隆 (Michitaka Tsutsui)上野達彦
観月ありさ (Mizuki Arisa)上野小百合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック