つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 R-15

愛すること、それはすなわち狂うこと

上映スケジュールはコチラ!
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

最愛の妻・艶の死期が迫る中、松生春二は奔放に生きてきた艶の過去の男たちに連絡をとる。最初の男で従兄弟でもある人気作家の行彦の妻・環希、最初の夫・太田の愛人・湊、愛人だっかもしれない男の妻・サキ子は、それぞれ面識のない艶の存在に動揺する。艶がストーカーしていた男の恋人・百々子は、松生に一途に愛されている艶を羨ましく思っていた。が、松生自身、かつて妻と娘を捨てて艶と駆け落ちしたのだった。


解説

愛によって執着が芽生え、誰もが少しずつ常軌を逸してしまう。その最たるものが阿部寛演じる松生春二だ。昏睡状態の妻を見下ろす姿に、あるいは坂道を自転車で疾走する姿に鬼気迫るものがある。愛する者を目の前で失うことの恐怖や、見えていても決して届かないものへの焦燥から激しい嫉妬に苛まれても、結局はただ見ているしかないのだ。小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、忽那汐里、そして、大竹しのぶという豪華女優陣が、魔性の女・艶の存在に触発されて揺れ動く姿をあでやかに演じている。直木賞作家・井上荒野の同名小説を原作にメガホンをとったのは『パレード』『今度は愛妻家』の行定勲。


配給東映
制作国日本 (2012)
ジャンルラブ・ストーリー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2013年01月26日より全国にて



キャスト

俳優名役名
阿部寛 (Hiroshi Abe)松生春二
小泉今日子 (Koizumi Kyoko)石田環希
野波麻帆 (Nonami Maho)橋本湊
風吹ジュン (Fubuki Jun)橋川サキ子
真木よう子 (Maki Yoko)池田百々子
忽那汐里 (Shiori Kutsuna)山田麻千子
大竹しのぶ山田早千子
羽場裕一 (Yuichi Haba)石田行彦
荻野目慶子 (Oginome Keiko)伝馬愛子
岸谷五朗 (Goro Kishitani)太田
渡辺いっけい (Ikkei Watanabe)常盤社長
永山絢斗 (Kento Nagayama)茅原優
奥田瑛二 (Eiji Okuda)安藤慎二
田畑智子 (Tabata Tomoko)芳泉杏子
水橋研二 (Kenji Mizuhashi)
藤本泉
小松和重
須賀貴匡
片岡富枝
しのへけい子
原日出子
三浦誠己
柏原収史 (Shuji Kashiwabara)
池谷のぶえ
松本じゅん
時任亜弓
白川和子 (Kazuko Shirakawa)
水崎綾女
高畑充希
野間口徹
大島葉子
横山幸汰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック