大魔術師“X”のダブル・トリック

気鋭イー・トンシン監督が放つ一大バトル

上映スケジュールはコチラ!
大魔術師“X”のダブル・トリック
大魔術師“X”のダブル・トリック
大魔術師“X”のダブル・トリック

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大魔術師“X”のダブル・トリック

民国時代1920年頃の北京、天橋。街では軍閥の雷大牛が勢力とその覇権を轟かしていた。彼は世間では恐れられていたが、実生活では愛を受け入れてくれない第七夫人の柳蔭に翻弄される日々を送っていた。その頃、街では一人の天才的マジシャン張賢が現れ、見事なマジックで人々を魅了していた。雷もその一人で、ある日張賢を屋敷へ招くがそれは張賢の計算づくの事であった。彼の目的は幽閉された師匠との再会、そして柳蔭を奪い返す事であった。なぜなら彼女は張賢の元恋人だったのだ。張賢は軍閥転覆を狙う革命団と手を組み、周到な計画を立てるが、その背後では勢力を争う軍閥たち、清朝復活を目論む残党、マジックの奥義“七聖法”を狙う者、そして謎の日本人組織が絡み出し、計画は思いがけぬ方向へと展開していく。


解説

『新宿インシデント』『プロテージ 偽りの絆』など、その硬派な作品作りで世界の映画ファンを魅了する香港映画界の気鋭イー・トンシン監督が、軍閥時代の中国・北京を舞台に、一転して香港映画特有の大胆な発想、荒唐無稽、派手なアクションを盛り込み、一人のマジシャンの華麗な大勝負を痛快に描いたエンターテイメント超大作。主演はアジアのトップスター、トニー・レオン。本作のために特訓を重ね、劇中では見事なマジックを披露し、新たな魅力を放つ。(作品資料より)


配給ツイン
制作国香港 (2011)
ジャンルドラマ アクション

2013年01月05日よりシネマート六本木ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
アクション監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
特別出演

キャスト

俳優名役名
トニー・レオン (Tony Leung)Chang Hsien (張賢)
ラウ・チンワン (Lau Ching Wan)Bully Lei (雷大牛)
ジョウ・シュン (Zhou Xun)Yin (柳蔭)
ラム・シュー (Lam Suet)
澤田拳也
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック