千姫('54)

永田雅一の製作になる大映カラーの時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大坂夏の陣に於て、大坂城の豊臣一族はすべて城と運命を共にしたが、秀頼の妻千姫だけは侍女おちょぼの気転と、関東方の猛将坂崎出羽守、その家来湯浅新六らの働きにより、奇蹟的に救出された。千姫は家康の孫であり、元々人質同然の生活をすごしてきたのだったが、この日家康が「千姫を救った者に姫を与えよう」と口走ったことで、出羽守は懸命に千姫を求めていたが、千姫はそれを頑強に拒んでいた。困じ果てた家康は、出羽守には領地を加増し、その隙に千姫を名門の青年本多平八郎に嫁がせようと考えた。無念の出羽守は、千姫の輿入れの行列に斬りこもうとしたが、逆にはばまれて、絶望の中に自らの槍を以て自決し果て、従者新六は何処となく姿を消した。だが晴れの婚礼を前に控え、花婿の平八郎は病死してしまった。


解説

永田雅一の製作になるイーストマン・カラーの時代劇で、今後は大映カラーと称する。「花の白虎隊」の八尋不二の脚本を、「愛染かつら(1954)」の木村恵吾が監督する。撮影は「死美人屋敷」の杉山公平、音楽は「君死に給うことなかれ」の早坂文雄の担当である。出演者は「浅草の夜」の京マチ子がヒロインの千姫を演ずる外、「月よりの使者(1954)」の菅原謙二、「花の白虎隊」の峰幸子、小町瑠美子、三田隆、花柳武始、市川雷蔵、「鉄火奉行」の大河内傳次郎、「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の山形勲など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
時代考証

キャスト

俳優名役名
京マチ子 (Machiko_Kyo)千姫
菅原謙二湯浅新六
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)豊臣秀頼
三田隆本多平八郎
山形勲坂崎出羽守
進藤英太郎本多正信
峰幸子娘おちょぼ
東山千栄子淀君
大河内傳次郎徳川家康
伊志井寛徳川秀忠
花柳武始 (Takeshi Hanayagi)松井主税
南条新太郎亀井新之丞
杉山昌三九森善九郎
石黒達也柳生又右衛門
小町瑠美子紅梅
毛利菊枝桃井の局
荒木忍坂崎勘兵衛
光岡龍三郎坂部三十郎
南部彰三大久保彦左衛門
原聖四郎林権之助
尾上栄五郎香川仁兵衛
水原浩一水野彌八
市川男女之助佐渡島右近
天野一郎萩原万彌
葉山富之輔天海僧正
堀北幸夫山内一馬
越川一今泉小十郎
大浪東吾小島主水
安田祥郎望月八郎
千葉敏郎海野六郎
高原朝子腰元
松岡信江腰元
種井信子腰元
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック