故郷よ

原発事故が起きた日とその10年後を描く

上映スケジュールはコチラ!
故郷よ
故郷よ
故郷よ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

故郷よ

1986年4月25日、チェルノブイリから3kmの隣町プリビャチ。原子力発電所の技師アレクセイは幼い息子ヴァレリーと川辺でリンゴの木を植えていた。翌日、アーニャと結婚式を挙げていた消防士の夫は、森林火災があったと呼び出され二度と戻らなかった。事故があった事を知ったアレクセイは、家族を避難させる。10年後、アーニャはプリビャチに戻りツアーガイドをしていた。成長したヴァレリーも事故以来、初めてプリビャチに来た…。


解説

日本でも原発事故を経験した事により、よりリアリティを感じるようになったチェルノブイリの原発事故。本作は、その事故により故郷を追われる事になった人々の、事故当日とその10年後を描いた物語。生命が息づく春の日、美しいプリビャチの町で父は子と苗木を植え、花嫁は「百万本のバラ」を歌い、幸せを謳歌している。それが一転し、映し出される10年後のプリビャチは厳しい冬景色の中だ。チェルノブイリの事故があったとき、その隠蔽体質を多くの人は「ソ連(当時)だから」と遠い国の事として感じたが、今では「これはどこの国でも起きる事」である事を実感しているはずだ。故郷を失った人たちの喪失感は、何ものも埋める事はできない。映画の語り口は静かだが、そのメッセージは私たちに強烈に響くだろう。


配給彩プロ
制作国フランス=ウクライナ=ポーランド (2011)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2013年02月09日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
録音
編集

キャスト

俳優名役名
オルガ・キュリレンコ (Olga Kurylenko)Anya (アーニャ)
アンジェイ・ヒラ (Andrzej Chyra)Alexei (アレクセイ)
イリヤ・イオシフォフ (Ilya Iosifov)Valery - aged 16 (ヴァレリー(16歳))
セルゲイ・ストレルニコフ (Sergey Strelnikov)Dmitri (ディミトリ)
ヴャチェスラフ・スランコ (Vyacheslav Slanko)Nikolay (ニコライ)
ニコラ・ヴァンズィッキ (Nicolas Wanczycki)Patrick (パトリック)
ニキータ・エムシャノフ (Nikita Emshanov)Piotr (ピョートル)
タチアナ・ラッスカゾファ (Tatyana Rasskazova)Anya's mother (アーニャの母)
ジュリア・アルタモノフ (Julia Artamonov)Karine (カリーネ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック