任侠東海道

「任侠清水港」に次ぐ東映オールスター映画

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

清水港の清水次郎長は、一家二十八人衆を引きつれて、東海道の秋葉祭にのりこんだ。それというのは、乾分増川仙右衛門の伯父を殺し、女房のおしまを拐かした沼津の三人組が、諸国の貸元たちが賭場を開く、この界隈に現れるのを知ったからだった。次郎長は、貸元大和田の友造を仲にたて、安五郎にかけあったが、三年前、三人の盃を水にしたとつきかえす安五郎や、安濃徳次郎、丹波屋伝兵衛たちの罵倒を浴びて引下った。甲州では桶屋の鬼吉が、安五郎一家に押しかけたが、すでに旅に出た後だった。もうこれまでと次郎長一家は安五郎を斬って、安濃徳らを追って府中と三州の二派にわかれた。大政、小政の三州組は、平井の雲風一家の火攻めにあって、寺津に待つ次郎長一派と落ちあった。吉良の仁吉は、次郎長の乾分で若い神戸の長吉のために、伊勢荒神山の縄張り争いを買って出た。仁吉は相手の安濃徳が武井の安五郎や雲風一家と肚を合せて、清水一家に楯つく魂胆と見破った。仁吉は清水一家や長吉のために、女房きくの兄安濃徳との縁をきるため、きくに三下り半をつきつけた。


解説

「任侠清水港」以来、恒例の東映新春オールスター映画。「天狗街道」の比佐芳武の脚本を、「恋風道中」の松田定次、川崎長太郎が監督、撮影。「はやぶさ奉行」の片岡千恵蔵、大川橋蔵、千原しのぶ、「朝晴れ鷹」の大友柳太朗、「恋風道中」の中村錦之助、「佐々木小次郎 (前篇)(1957)」の東千代之介等が主演。イーストマン東映カラー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
企画
企画補佐
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
片岡千恵蔵清水の次郎長
大友柳太朗大政
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)小政
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)大瀬の半五郎
加賀邦男法印大五郎
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)桶屋の鬼吉
大川橋蔵増川の仙右衛門
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)大野の鶴吉
尾上鯉之助神戸の長吉
伏見扇太郎久井の才治郎
宇佐美淳也寺津の間之助
大河内傳次郎大和田の友造
花柳小菊おしま
植木千恵千代吉
長谷川裕見子おきく
千原しのぶお竹
青柳竜太郎 (Ryutaro Aoyagi)お相撲常
丘郁夫鼠小僧の喜代蔵
東日出雄小川の勝五郎
疋田国男小栗の初五郎
船洲高也伊達の五郎
波多野博江尻の藤太郎
西村幹雄田中の啓二郎
国一太郎とば熊
小田真士石屋の甚吉
島田秀雄武州の清五郎
人見寛形ノ原の斧八
藤木錦之助三吉
梅沢昇津向の文吉
津村礼司仙吉
中村時之介勘介
楠本健二勇造
山内八郎寅吉
上代悠司藤吉
伊東亮英清六
星十郎新井の新太
大文字秀介大八
有馬宏治勘八
時田一男金太
水野浩宗右衛門
牧宏樹松屋太兵衛
中村幸吉長七
江村満和忠吉
高松錦之助作兵衛
吉田利江子妙光
松浦築枝おかね
村田宏二茂兵衛
尾上華丈 (Kajyo Onoe)七右衛門
団徳麿甚吉
小金井修与吉
梅村直次郎善六
薄田研二安濃徳次郎
山形勲角井門之助
吉田義夫福山喜八郎
原健策神沢の小五郎
富田仲次郎勝沼の平吉
清川荘司手島の久五郎
阿部九洲男祐天仙之助
進藤英太郎丹波屋伝兵衛
香川良介雲風の亀吉
徳大寺伸熊太郎
月形龍之介武井の安五郎
市川右太衛門吉良の仁吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック