攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain

草薙素子と荒巻の出会いは、雨の墓地だった

上映スケジュールはコチラ!
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain

西暦2027年、陸軍「501機関」所属の草薙素子三佐が日本に戻って来た。全身義体のサイボーグである彼女は、電脳戦を得意としていた。その頃、公安の荒巻大輔は、草薙の元上官である軍人が銃殺された事件を調べていた。草薙素子は上官の容疑を晴らそうと事件を調べ始める。さらに、自走地雷を使った爆殺事件と、謎のウィルス“ファイア・スターター”が出現。草薙は事件を調べるため、荒巻や特捜刑事・トグサたちと共闘することになる…。


解説

1989年に士郎正宗によって発表されたコミックス「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」。対テロ犯罪機関・公安9課の戦いを描くこの作品は、1995年に押井守によってアニメ化もされ、熱狂的に支持された。この伝説的な「攻殻機動隊」シリーズが、2013年、新たな形で蘇った。全四部で構成されるこの『攻殻機動隊ARISE』では、攻殻機動隊の創設までが描かれる。これまでの攻殻機動隊よりも前の時代を描くということで、キャラクターデザインやボイスキャストも一新。草薙素子役には声優の坂本真綾が抜擢されている。人気作家の冲方丁がシリーズ構成・脚本を務め、プロダクションI.Gの黄瀬和也が総監督を務めており、まったく新しい“攻殻機動隊”となっている。


配給東宝映像事業部
制作国日本 (2013)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2013年06月22日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか全国にて



スタッフ

総監督
シリーズ構成
脚本
原作
キャラクター・デザイン
メカニックデザイ ン
撮影監督
美術監督
美術
プロップデザイン
美術設定
音楽
エンディングテーマ
音響監督
編集
3DCGI
3DCG監督
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック