ベルヴィル・トーキョー

あなたの嘘は別れのプロローグ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ベルヴィル・トーキョー

パリの名画座で働くマリーは、出張でヴェネチアへ向かう映画評論家の夫ジュリアンを送りに行った駅で「向こうに愛する人がいる」と、突然告げられる。妊娠中のマリーは途方に暮れ、出張から戻ったジュリアンを一旦は家から追い出すが、許してほしいと懇願されてよりを戻す。ぎくしゃくとした二人の暮らしが続き、ジュリアンは出張で今度は東京へ。ところが、東京にいるはずのジュリアンの姿をマリーはパリの街角で見つけてしまう。


解説

「愛しているが、恋心を感じない」と、夫に面と向かって言われて呆然とするヒロイン。さらには「死んでくれ」の暴言も。一度は愛した人と別れるのは、とことん厄介でしんどい。これが長編デビュー作となるエリーズ・ジラールが自身の妊娠中の体験をもとに、妊娠をきっかけに別れることになる男女の姿を書き下ろした本作は、実生活でもカップルである『わたしたちの宣戦布告』のヴァレリー・ドンゼッリとジェレミー・エルカイムという俳優を起用したシビアでリアルな物語だ。ヒロイン同様シネフィルの殿堂〈シネマ・アクション〉系列の映画館で長く広報を担当していたジラール監督らしく、名画の数々が登場するのも一興。


配給マーメイドフィルム
制作国フランス (2011)
ジャンルドラマ ラブ・ストーリー
公式サイト公式サイトはこちら

2013年03月30日より渋谷シアターイメージフォーラムほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
ヴァレリー・ドンゼッリ (Valerie Donzelli)Marie Tourelle (マリー)
ジェレミー・エルカイムJulien Tourelle (ジュリアン)
フィリップ・ナオン (Philippe Nahon)Jean-Jacques (ジャン=ジャック)
ジャン=クリストフ・ブーヴェ (Jean-Christophe Bouvet)Jean-Loup (ジャン=ルー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック