大出世物語

源氏鶏太の原作を阿部豊が監督した明朗篇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

今日も六さんはリヤカーを引っ張って安井印刷株式会社へ出勤した。六さんはこの工場から出る屑を拾って生活している屑屋だ。妻が亡くなって十年間六さんは無遅刻無欠勤の働き者である。同じようにこの会社へ出入りしている闇屋の女社長広子とは犬猿の間柄だ。六さんには、高校生の高子という娘がある。なんとその恋人が安井印刷社長の御曹子健一君であった。ある日難問題が持ちあがった。六さんが会社に出入りするのはモグリであって、いままでは使丁長が見逃していてくれたのだ。ところがこんどその人が停年退職になり、折原という新しい使丁長は、六さんも広子も出入りしてはならんという命令を出したのだ。


解説

源氏鶏太の原作を、「十六歳」の三木克巳が脚色し、「静かな脱獄者」の阿部豊が監督した明朗篇。撮影は「都会の空の用心棒」の横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)六さん
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)高子
瀬川雅人武夫
小沢茂美信夫
渡辺美佐子 (Watanabe Misako)神田広子
浜田光夫 (Mitsuo Hamada)安井健一
浜村純安井社長
河上信夫西田
山田禅二東野
神山勝北村
木島一郎折原
高原駿雄吉川
島村耕二社員A
小野武雄社員B
東郷秀美社員C
高山千草社員D
川村昌元使丁A
古田祥使丁B
紀原耕守衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック