天から見れば

大石順教尼と南正文に流れる力

上映スケジュールはコチラ!
天から見れば
天から見れば
天から見れば

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天から見れば

小学校三年生の春休みに製材業を営む父を手伝っている時、機械のベルトに巻き込まれて両腕を失ってしまった南正文さん。14歳の時、近所の人のすすめもあり、両親と共に大石順教尼を訪ねた。大石順教尼もまた、17歳の時、養父に一家五人を斬殺するという「堀江六人斬り事件」の巻き添えとなり両腕を失っていた。19歳の時、カナリヤが雛を育てるのを見て、口に筆をとることを思いつき、以後、独学で書画の勉強に励み、口で筆をとり絵画・書を描いていた。その順教尼のもとで慈愛に満ちた修行が始まる。南さんは順教尼の生き方に接して人生に開眼、後ろ向きだった心が大きく転換していった。現在、画家として活躍、妻や子供たち、たくさんの友人に囲まれ、楽しく豊かに日々を送っている南さん。「どんなできごとも自分の考え方しだいでよきことになる」という教え「禍福一如」の人生、その奥に流れる力が描き出される。(作品資料より)


解説


配給ハートオブミラクル
制作国日本 (2011)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2013年03月16日よりトリウッドにて



スタッフ

監督
構成
脚本
プロデューサー
撮影監督
撮影
音楽
主題曲/主題歌
録音
照明
編集
衣裳デザイン
助監督
ナレーション
プロデュースコーチ
マスタリング
メイキング
題字/タイトル
特別出演
タイムキーパー
演出プロデューサー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック