独眼竜政宗('59)

河野寿一が監督した娯楽時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

戦国乱世の頃、陸奥の麒麟児伊達政宗は、知勇ともに勝れた若き武将として知られていた。豊臣秀吉は彼を恐れて、腹臣石田三成の縁つづきにある和田斉之を政宗の隣国に派遣した。政宗はこうした秀吉の意図を察して、鷹狩りでとらえた鶴を聚楽第の竣工祝いとして秀吉におくることによって、彼との親睦をはかった。そのような政略を離れて、山野を勇壮にかけまわる時が、政宗にとって一番心楽しい時だった。そんな時秀吉と対立関係にある北条家とつながりをもつ、奥羽路の名家田村家から、息女愛姫を政宗にめあわせたいとの申し出があった。政宗は愛姫と対面し、その清らかな美しさにうたれたが、政略のにおいの濃いこの縁組みを断わった。


解説

「絞首台の下」の高岩肇のオリジナル・シナリオを、「紅だすき喧嘩状」の河野寿一が監督し、「お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷」の坪井誠が撮影した娯楽時代劇。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)伊達政宗
月形龍之介伊達輝宗
岡田英次 (Eiji Okada)片倉小十郎
宇佐美淳也伊達成実
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)山上七兵衛
浪花千栄子喜多子
矢奈木邦二郎田村清顕
大川恵子愛姫
大河内傳次郎勘助
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)千代
佐々木孝丸豊臣秀吉
徳大寺伸石田三成
加賀邦男相良十内
山形勲畠山義継
中村時之介舟崎
長島隆一和田家役人
水野浩玄庵
尾形伸之介近習
近江雄二郎使者の侍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック