お遊さま

谷崎潤一郎の名作小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

お遊さまは、小曽部の家から金満家粥川へ嫁入って間もなく夫に別れたが、一人子一の養育のかたわら、贅沢と遊芸三昧に憂さを晴らしているひとであった。一番仲のよい妹お静が芹橋慎之助と見合いをするのに付き添って行くが、慎之助はお静よりもこのお遊さまに深く心をひかれる。そこでこの縁談はいったん破れかけるが、お遊さまが、結婚するならぜひ慎之助とというたっての願いにお静は承知して芹橋へ嫁ぐことになった。お遊さまも、慎之助を想っていることを察し、お静は二人の間のかけ橋になる決心をしたのだつた。そのため、お静は慎之助の名前だけの妻に甘んじ、慎之助と共にひたすらお遊さまの心を慰め、たのしませることにつとめた三人がそろっての物見遊山が度重なるに従って、周囲の口もやかましくなり、ついにはお遊さまの婚家粥川家でも問題となって、一が病没したのを口実に、お遊さまは実家へ帰されることになった。


解説

谷崎潤一郎の名作小説、「芦刈」から、「お艶殺し」「春怨」の依田義賢が脚色し、「雪夫人絵図(1950)」に次ぐ溝口健二の監督である。撮影は「絢爛たる殺人」の宮川一夫が担当している。主演は、「銀座化粧」の田中絹代と堀雄二、「誰が私を裁くのか」の乙羽信子、それに、柳永二郎、進藤英太郎などが助演している。


配給-
制作国日本 (1951)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
田中絹代 (Tanaka Kinuyo)お遊さま
乙羽信子 (Otowa Nobuko)お静
堀雄二槙之助
平井岐代子おすみ
金剛麗子おつぎ
柳永二郎栄太郎
進藤英太郎久左衛門
小林叶江乳母
横山文彦番頭一
藤川準番頭二
芝田総二番頭三
久原亥之典丁稚
藤代鮎子女中
南部彰三医者
小松みどり女将
相馬幸子生花の師匠
石原須磨男僧侶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック