逃げてきた花嫁

若尾&浜村の脚本を青柳信雄が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

浅草の洋品店ひつじ屋の一人息子敬太は酒もタバコも不調法、女は大嫌いという堅造だが、父の源造は酒と女に眼がないという道楽者だ。お隣の電気器具商六三郎夫婦の一人娘珠子はM型の戦後派娘で、ちっとも落ちつかず出歩いてばかりいる。息子の遊ばないのを心配する源造夫婦と、娘の遊びすぎるのを心配する六三郎夫婦が、世話好きな組合長亀之助のもとへ、それぞれ嫁と婿の相談に出かけた。逸早くそれを知った珠子は幼馴染の敬太に「私に任して頂戴」とばかり、胸をポンと叩いた。そして親友の芸者染子をタイピストに仕立て、敬太の愛人だといって源造夫婦に紹介したところ、どうした風の吹き回しか、敬太がすっかり夢中になってしまった。


解説

「吉川英治作宮本武蔵より 決闘巌流島」の若尾徳平が浜村保夫と協力して脚本を書き、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人 (夫婦御円満の巻)」の青柳信雄が監督、「へそくり社長」の中井朝一が撮影を担当した。主なる出演者は「ますらを派出夫会」の柳家金語楼、古川緑波、「幸福はあの星の下に」の岡田茉莉子、「オテナの塔 (前篇)」「オテナの塔 (後篇)」の青山京子、「又四郎喧嘩旅」の清川虹子、「へそくり社長」の太刀川洋一など。


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
柳家金語楼源造
水の也清美おとよ
宝田明 (Akira Takarada)敬太
森川信六三郎
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)おしげ
青山京子珠子
古川緑波亀之助
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)光夫
岡田茉莉子 (Mariko Okada)染子
花房一美桃好
藤間紫メ香
笈川武夫花小路
三田照子花小路夫人
三木のり平春信
沢村宗之助堂本
浜田百合子 (Yuriko Hamada)水木千代
塩沢とき梅の家の女将
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック