くちづけ('55)

石坂洋次郎の短篇を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

文学部学生の夏目くみ子は義姉の倫子の再婚問題を少女らしい潔癖さから嫌悪を覚え学友の健二に自分の気持を話した。健二は人間の幸福は主観的なものだといった。ところが倫子は再婚話をことわった。彼女は亡夫の忘れがたみの宏の成長に倖せを感じていた。義姉の気持を知り、くみ子は自分の少女趣味を反省した。倫子は結婚前に一度唇を許したことをくみ子に話した。ある晴れた日、くみ子と健二は多摩川土手に出た。草むらに寝ころんで恋愛を論じているうちに突然健二はくみ子に接吻した。くみ子は泣いて土手を走った。


解説

石坂洋次郎の短篇『くちづけ』『霧の中の少女』『女同士』を「遠い雲」の松山善三が脚色、第一話を「泉へのみち」の算正典、第二話を「不滅の熱球」の鈴木英夫、第三話を「浮雲」の成瀬巳喜男が監督するオムニバス映画。撮影は「あすなろ物語」の山崎一雄が担当する。主なる出演者は「制服の乙女たち」の青山京子、「あすなろ物語」の太刀川洋一、「初恋三人息子」の司葉子、「源義経」の中原ひとみ、「アツカマ氏とオヤカマ氏」の上原謙、「遠い雲」の高峰秀子、「花嫁はどこにいる」の中村メイコなど。


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督

キャスト

俳優名役名
青山京子夏目くみ子
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)河原健二
十朱久雄 (Hisao Toake)伯父
杉葉子義姉倫子
滝花久子
笠智衆 (Ryu Chishu)長谷川教授
日吉としやす
司葉子 (Tsukasa Yoko)金井由子
中原ひとみ妹妙子
伊東隆弟信次
飯田蝶子祖母八十子
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)父半造
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)母テツ子
小泉博上村英吉
上原謙金田育三
高峰秀子 (Takamine Hideko)金田朋子
中村メイコ (Meiko_Nakamura)竹谷キヨ子
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)竹谷清吉
伊豆肇朋子の兄
長岡輝子
堺左千夫患者
八千草薫 (Yachigusa Kaoru)新人看護婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック