忍びの者 霧隠才蔵

田中徳三が監督した忍者もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

慶長十九年、大阪冬の陣は全て、家康の思惑通りに事が運び、秀頼方は、落日の色が濃くなった。主家の大事に馳せ参じる者も少く、真田幸村のみが、九度山にこもっていた。一方天下の覇権を急ぐ家康は、条件に反して大阪城の内堀をも埋めて秀頼らを苦しめた。霧隠才蔵の報告を聞いた幸村は、家康の行動を探ぐるため、才蔵を駿府に、子息大助を島津に出した。途中、大助は家康方を探ぐっていた彦八に、襲われたが才蔵に助けられた。彦八は家康方に仕官する武部与藤次の一党にねがえったのだった。駿府に入った才蔵は、武部の手の者に追われ、遊女屋の一室に忍び込んだ。そこで、家康の兵に追われ、今では、遊女に身を落している腰元茜に再会した。奇縁に喜んだ二人だったが、武部の追手のために、すぐ別れねばならなかった。幸村は才蔵、筧十蔵、海野六郎、穴山小助、乾左平次らに家康暗殺を命じた。一番手の乾は、湯殿の家康を狙ったが、失敗して殺された。


解説

「新忍びの者」の高岩肇がオリジナル・シナリオを執筆「宿無し犬」の田中徳三が監督した忍者もの。撮影もコンビの武田千吉郎。主演は「新忍びの者」の市川雷蔵。


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)霧隠才蔵
磯村みどり
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)真田幸村
二代目中村鴈治郎徳川家康
小林勝彦真田大助
成田純一郎豊臣秀頼
島田竜三徳川秀忠
中村豊乾左平次
須賀不二男武部与藤次
守田学下柘植の七郎
水原浩一本多忠勝
伊達三郎 (Saburo Date)筧十蔵
南部彰三土井大炊頭
木村玄穴山小助
堀北幸夫鈴鹿の馬市
月宮於登女淀君
田村和千姫
杉山昌三九大野治長
沖時男彦八
原聖四郎木村長門
黒木英男海野六郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック