無法松の一生('63)

岩下俊作原作“富嶋松五郎伝”の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

明治末期の九州小倉の町。芝居小屋常盤座が土建業者結城組の手に渡り、それまで車曳きに限り木戸御免だった習慣を切ったため、松五郎と由松が結城組の間に大乱闘をひきおこし、巳之吉と清次は組を追放され、松五郎も小倉を追放された。ある晩、その松五郎がケガをして宇和島屋に帰ってきた。翌朝、宿の女将豊のすすめで小倉を立退こうとした松五郎は、ケガをした吉岡家の一人息子敏雄を救ったことから、吉岡軍医を知りその縁で吉岡屋敷への出入りが始った。小倉警察の新署長新見と吉岡は中学時代からの親友であったため、松五郎の小倉追放は解消された。しかも松五郎の喧嘩相手が、吉岡の剣道師範大木戸と知って、その因縁に松五郎は驚いた。吉岡は、松五郎の男らしく素朴で純心な態度に心を惹かれ、人一倍弱虫な敏雄の教育を松五郎に頼んだ。


解説

岩下俊作原作“富嶋松五郎伝”の映画化で、過去において坂東妻三郎、三船敏郎で映画化され今回で三度目の映画化である。「この首一万石」の伊藤大輔が脚色、「東京アンタッチャブル 脱走」の村山新治が監督した人情ドラマ。撮影は「安来ぶし道中」の飯村正彦。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)富嶋松五郎
淡島千景 (Chikage Awashima)吉岡良子
中山昭二吉岡直樹
島村徹吉岡敏雄
沢村貞子
西村晃由松
潮健児巳之吉
佐藤晟也虎鮫
中村是好駱駝の馬
南廣新見署長
相馬剛三斎田
花澤徳衛小野
宇佐美淳也大木戸兵衛
松本染升結城豊蔵
月村圭子女教師
南道郎清次
沖野一夫藤太
大東良済生館
左卜全佐分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック