僕は独身社員

古沢憲吾が監督したサラリーマンもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

同盟石油の総務課に勤務る関、鳴海、遠山の三人はいずれも独身主義を信奉していた。社の掲示板に中近東バラク出張応募の社告が張り出された。ロハで半年の外遊ができる。三人は応募を決意した。条件は独身者に限るということだ。結婚したくなったらバラクを三度唱えることに決めた。−−遠山は母親にせめたてられ、十九回目の見合いに行った。初々しい相手の静代にイカれかけ、バラクを唱える始末だった。鳴海は、ファッションモデルの芳子に結婚を迫られアパートを逃げ出した。芳子はガス自殺を図ったが、週刊誌の記者多鶴子に救われた。多鶴子は女性の敵独身社員の生態を記事にするため、鳴海に会見を申しこんだ。


解説

新人松木ひろしのオリジナル・シナリオを、「頑張れゴキゲン娘」の古沢憲吾が監督したサラリーマンもの。「爆笑水戸黄門漫遊記」の飯村正が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
佐藤允 (Makoto Sato)関友一郎
佐原健二 (Kenji Sahara)鳴海袖彦
ミッキー・カーチス遠山繁男
白川由美芳賀多鶴子
原知佐子大橋芳子
小栗一也柴野久介
中北千枝子柴野治子
久慈あさみ戸田奈美
柳川慶子小夜子
市原悦子 (Ichihara Etsuko)かおり
北あけみ河野静代
峯丘ひろみ藤田友子
荒木保夫中林正太
野口ふみえ長友美津子
三條利喜江遠山文子
江川宇礼雄 (Ureo Egawa)同盟石油社長
上村幸之同盟石油社員A
関田裕同盟石油社員B
永島寛同盟石油社員C
清水良二同盟石油社員D
杉浦千恵同盟石油女子A
津山多美恵同盟石油女子B
馬野都留子寮の小母さん
一の宮あつ子静代の母親
佐田豊清風荘の管理人
橘正晃「ヌーベル」のバーテン
カロリーヌ・スワンソンアメリカ娘
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)「淑女ウイクリー」の編集長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック