ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

ヨーロッパ映画界が誇る巨匠4人による競作

上映スケジュールはコチラ!
ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区
ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区
ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

古都ギマランイス。とあるバーに出勤した男は、朝からランチの仕込みを行い、客を待っていた。やがて昼時─客を待ち構えるが、誰も来ない。男は近所のレストランがにぎわっているのを目にし…(バーテンダー)。1974年、独裁政権を倒すため若手将校が立ち上がる。移民労働者の青年ヴェントゥーラもクーデターに参加するが、森の中で倒れてしまう。精神病院に収容された彼は過去の亡霊と出会う(スウィート・エクソシスト)。


解説

ポルトガルにある世界遺産「ギマランイス」を舞台にした物語を、アキ・カウリスマキ、ペドロ・コスタ、ビクトル・エリセ、マノエル・ド・オリヴェイラという4人のヨーロッパの巨匠が紡いだオムニバス映画。アキ・カウリスマキ監督らしいペーソス溢れるコメディー、1974年のカーネーション革命を背景に黒人と亡霊の会話を描くペドロ・コスタ監督の異色作、欧州第二の繊維工場跡地で過去の声に耳を澄ますビクトル・エリセ監督作、観光客の行動をユーモラスに描く、現役最高齢104歳のオリヴェイラ監督作品の4本で構成される。世界でも屈指の歴史的名所で撮影をしながら、各監督独自の視点が興味深い。見る者に知的な発見を提供してくれる至極の一作。


配給ロングライド
制作国ポルトガル (2012)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2013年09月14日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
イルッカ・コイヴラ (Ilkka Koivula)第1話「バーテンダー」
ヴェントゥーラ (Ventura)第2話「スウィート・エクソシスト」
リカルド・トレパ (Ricardo Trepa)第4話「征服者、制服さる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック