おれについてこい!

大松博文原作を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一九六四年十月二十三日東京オリンピック、日本対ソ連の女子バレーボール決勝戦は、午後七時に迫っていた。大松と六人の選手にとって、オリンピックはこの日だけと言ってもよかった。勝つための苦闘の道は、一九五八年日本が六人制に遅れをとって以来熾烈をきわめた。六十年の差と体力の差を考えると、世界に勝つことは不可能に近かった。前川バレー協会理事長の熱意に負けた大松と六人の選手は、苦難の道を歩くことになった。だが、苦難にたえ犠牲にたえたのは、この日より一線を退いて、陰の力となったマネージャーの松木、大松の妻美智代も同じであった。一九六〇年、六人制採用二年で、世界二位となった大松は、この日から、一位を目指して、鬼の大松と化した。そして、独特な回転レシーブに青春をかけた六人の選手は魔女と呼ばれて、世界に類のないチームワークを作りあげた。


解説

大松博文原作“おれについてこい!”“なせば成る”を「赤ひげ」の菊島隆三が脚色、「最後の審判」の堀川弘通が監督したスポーツもの。撮影は「無責任遊侠伝」の完倉泰一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
ハナ肇 (Hajime_Hana)大松博文
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)大松美智代
木村鶴美大松美文
清島智子大松緑
一の宮あつ子美智代の母
白川由美河西昌枝
河西都子宮本恵美子
桧よしえ谷田絹子
正城睦子半田百合子
瀬戸口夏松村好子
上田みゆき磯部サタ
根岸明美増尾光枝
丘照美藤本佑子
峰和子松村勝美
高柳和代篠崎洋子
松原光子佐々木節子
谷和子山田暉子
依田三千子奥長佳津子
斎藤仁子五十嵐留美子
桜さゆり本田寛子
山本圭子松木ユミ子
矢吹寿子神田ひろ子
清村耕次戸井田
金尾宣子三浦とも子
志摩靖彦白坂先生
滝田裕介川口記者
清水元前川バレー協会理事長
増田順司岡村バレー協会理事
島田正吾 (Shogo Simada)小畑東京五輪事務総長
淡島千景 (Chikage Awashima)長谷川女史
中村伸郎大原ニチボー社長
河村憲一郎河西栄一
本間文子 (Noriko Honma)河西昌代
青木千里関口
佐原健二 (Kenji Sahara)河西の見合の相手
宮田芳子自治会代表の女性
浦山珠実つる子
林光子白浜の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック