ふたりのアトリエ〜ある彫刻家とモデル PG-12

芸術と生への情熱が蘇る

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ドイツ軍占領下のフランス南西部、スペイン国境に近い村。高名な老彫刻家マーク・クロスは創作に行き詰まり、その意欲すら失っていた。1943年の夏、妻リーは買い物に出かけた市場で、カタルーニャの収容所から逃れてきた若い娘メルセに出会い、夫のモデルにするために連れ帰る。野性的な美しさを持つメルセに魅了されたクロスは創作意欲を掻き立てられる。静かな山のアトリエで、メルセと2人だけの時間が始まる。


解説

大切なのは見ること。観察だ。老彫刻家は瑞々しく肉感的なモデルを得て再生し、若きモデルは未知の芸術を、さらには生きることの深遠を学んで行く。実在の彫刻家アリスティド・マイヨールをモデルに、『ベルエポック』で米アカデミー賞外国語映画賞に輝いたスペインの名匠フェルナンド・トルエバが、『昼顔』のベテラン脚本家ジャン=クロード・カリエールを共同脚本に迎え、芸術に捧げた彫刻家の人生のみならず、戦時下に生きた人々の姿をモノクロームの美しい映像で誠実に描き出したのが本作だ。主演は『髪結いの亭主』のフランスの名優ジャン・ロシュフォール。妻役はイタリアの、これまた名優クラウディア・カルディナーレ。


配給アルシネテラン
制作国スペイン (2012)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2013年11月16日よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
共同脚本
制作
撮影
美術
録音
編集
衣装

キャスト

俳優名役名
ジャン・ロシュフォール (Jean Rochefort)マーク・クロス
アイーダ・フォルチ (Aida Folch)メルセ
クラウディア・カルディナーレ (Claudia Cardinale)リー・クロス
ゲッツ・オットーヴェルナー
チェス・ランプレアヴェ (Chus Lampreave)マリア
クリスチャン・シニジェ (Christian Snniger)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック