楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜

偉大な歴史小説を映画化した無双アクション

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜

宋王朝の時代。皇帝を守る忠臣で楊一族の家長・楊業は、北から侵攻してきた遼を討つため、先陣を任される。敵国の指揮官は、かつて楊業が打ち破った将軍の息子・耶律原。宋の指揮官は楊業を逆恨みする潘仁美。戦乱を勝ち抜いてきた名将の楊業にも不吉な影が落ちていた。出陣した楊業率いる先鋒隊は、敵の奇襲と味方の裏切りで多くの兵を失い、ついには楊業が毒矢で負傷し窮地に追い込まれる。そのことを知った楊業の七人の息子たちは、何があっても父を連れ帰ると母に誓い、圧倒的に不利な戦場へと赴く。「七子行き 六子戻る」という御託宣を受けていた母だったが、息子たちの決意を止めることはできなかった。七人の息子は父と合流するも、それを待っていたかのような襲撃に遭う。瀕死の父を背負い、息子たちは命がけで母のもとを目指すが……。


解説

中国で「三国志」を凌ぐ歴史小説として絶大な人気を誇る「楊家将」を、驚愕のアクションを用いて映画化。監督は『フレディVSジェイソン』『SPIRIT スピリット』など、ハリウッドで成功を収めたアジアの鬼才、ロニー・ユー。個性豊かな七兄弟を演じたのは、中国・香港・台湾を席巻するトップスターたち。無口だが弓術においては天賦の才を持つ射撃手の三男・楊延安を日本でも多くのファンを持つF4のヴィック・チョウが華麗に演じ、兄弟一の槍使いで類まれな武術のセンスと正義感をあわせ持つ六男・楊延昭にはアイドルから実力派俳優へとスクリーンで新たな活躍をみせるウーズンが演じ、鍛え抜かれた肉体を披露している。兄弟を束ねる軍略家の長兄・楊延平には『風雲 ストームライダーズ』のイーキン・チェン、父・楊業を香港時代劇の世界で不動の地位を築く国民的スターのアダム・チェンが忠義を貫く伝説の将軍を威厳に満ちた存在感で演じきった。(作品資料より)


配給ツイン
制作国中国=香港 (2013)
ジャンルアクション 
公式サイト公式サイトはこちら

2013年12月14日よりシネマート六本木ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
アクション監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
字幕

キャスト

俳優名役名
アダム・チェン (Adam Cheng)General Yang (楊延昭)
シュイ・ファン (Xu Fan)Yang's Wife (賽花)
イーキン・チェン (Ekin Cheng)Yang's Eldest Son (長男・楊延平)
ユー・ボー (Bo Yu)Yang's Second Son (次男・楊延定)
ヴィック・チョウ (Vic Chow)Yang's Third Son (三男・楊延安)
リー・チェン (Chen Li)Yang's Forth Son (四男・楊延輝)
レイモンド・ラム (Raymond Lam)Yang's Fifth Son (五男・楊延徳)
ウーズン (Chun Wu)Yang's Sixth Son (六男・楊延昭)
フー・シンボー (Xin Bo Fu)Yang's Youngest Son (七男・楊延嗣)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック