受難 R-15

岩佐真悠子がフルヌードで体当たり演技を披露

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

修道院生活で育った天涯孤独な女性、フランチェス子。なんとか社会生活に出てみたものの、どうして男女は付き合うのか、なぜセックスをするのか、という疑問にぶつかり、悶々とする毎日を送っていた。ある日、彼女の陰部に突然、人面瘡ができる。しかもそれは、「お前はダメな女だ」と、フランチェス子を毎日のように罵倒する。彼女は人面瘡を“古賀さん”と名付け、罵詈雑言を浴びながらもけなげに共同生活を送る事にするが…。


解説

直木賞候補になる事4回を数える人気小説家、姫野カオルコの同名小説を映画化。剥き出しの性を、過激にコミカルに、かつ真正面から描いた作品だが、とにかくアソコの描写が頻繁に登場するだけに、映像化は難しいと言われていた。そんな曰くつきの原作を果敢に映画化したのは、新鋭の吉田良子監督。ヒロインと人面瘡の「古賀さん」の共同生活を、セックスシーンやフルヌードシーンなどを交えながら過激かつユーモラスに描いている。さらに、グラビアアイドルとして知られる岩佐真悠子がヒロイン役に抜擢され、過激なシーンの数々を体当たりの演技で見せている。「あまちゃん」で一世を風靡した事が記憶に新しい大友良英が音楽を担当しているのも話題。


配給ファントム・フィルム
制作国日本 (2013)
ジャンルドラマ コメディ
公式サイト公式サイトはこちら

2013年12月07日よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
岩佐真悠子フランチェス子 (フランチェスコ)
淵上泰史
伊藤久美子
古舘寛治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック