のれんと花嫁

番匠義彰が監督した下町喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

カスティラ屋として江戸時代からののれんを誇る、長崎開花堂の一人息子石原城太郎は、大学時代の友人中坂、酒井、川ロ、友田たちと、コーラス・グループ「ブルー・ロビンス」を結成している。城太郎は大学院に残り、学費はグループの維持費に使われていた。城太郎、一彦、健吉の三人は、上野のおにぎり屋「さくら」の二階に下宿していて「さくら」の女将たつ子の兄で材木問屋をしている周太郎の貯木場を練習場としていた。やめもの周太郎は娘の和子と番頭の金三に店をまかせ、幼馴染でやはりやもめの東東開花堂の女社長西浦光代のもとに毎日のように通っていた。和子は城太郎に好意をもっているが、開花堂の一人娘敬子も「ブルー・ロビンス」のマネージャー気取りで何かと世話をやき城太郎に好意を持っている。そんなところに城太郎の父、城兵衛が番頭の保吉を連れて上京して来た。カスティラを製造する開花堂は、全国に九軒もあり、長崎開花堂がその元祖となっている。


解説

「恋とのれん」の柳沢類寿と菅野昭彦が共同でシナリオを書き、「ふりむいた花嫁」の番匠義彰が監督した下町喜劇。撮影はコンビの生方敏夫。


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)石原城太郎
伴淳三郎父城兵衛
高橋とよ (Toyo Takahashi)母おきん
月丘夢路西浦光代
瞳麗子娘敬子
佐野周二長田周太郎
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)長女和子
小坂一也 (Kazuya Kosaka)中坂一彦
山本豊三酒井健吉
小瀬朗川口
林洋介友田
藤間紫清川たつ子
千之赫子かつ枝
桂小金治木曽金三
大泉滉小石原保吉
須賀不二男大阪開花堂主人
村松喬子東京開花堂事務員
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック