河 あの裏切りが重く

広島を素材とした社会ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

戦争が終ってからすでに二十年の歳月が流れていた。一人の男と女が、原爆の落された広島に友人を訪ねた。二人はそこで、被爆後行方不明になったその友人の兄が、実は生きているのではないかという手紙に接し、差出人を探しはじめた。真夏の陽光の下に、広島はけだるい雰囲気につつまれていたが、この街にある奇妙な形をした相生橋、太田川べりの被爆者集落を見、被爆者の話を聞いた二人は時間を逆行して、あたかも二十年前に辿りついたような錯覚に陥った。他人の視線に屈辱を感じながら入院させて貰うために病状の悪化を願う青年、被爆直後にまだ息のある人を助けてその肉親から謝礼を取っていたという男、ケロイドはなくなったが、いつか再発すると信じている少女、それらの人々は二人に、二十年の歳月が無意味に過ぎていたことを知らせた。やがて二人は、みすぼらしい相生集落で、友人の兄の消息を知る男を探しあてた。


解説

新人森弘太が製作・脚本・監督を担当して自主製作をし、広島を素材としたセミ・ドキュメンタリー・タッチの社会ドラマである。撮影は「日本春歌考」の高田昭。


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
灰地順
富田公子
佐藤慶 (Kei Sato)医者
浜村純老人
芹川洋友人
原泉
坂上和子ケロイドの娘
沖野一夫ある老人A
小山源喜 (Genki Koyama)ある老人B
小山源喜 (Genki Koyama)刺青の男
福山靖人青年A
兼田晴臣青年B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック