赤×ピンク R-15

少女と大人の間でもがく格闘ガールズ

上映スケジュールはコチラ!
赤×ピンク
赤×ピンク
赤×ピンク

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

赤×ピンク

廃校になった建物の中で、夜な夜な開催される非合法の格闘技イベント“ガールズブラッド”。ここでは、コスプレの女性たちが檻の中のリングで激しく戦っている。性同一性障害に悩む空手家の皐月、SMクラブの女王様の顔を持つミーコ、ロリータフェイスがウリのまゆ。そしてある日、千夏という新顔がやってきた。社長は千夏にチャイナ服を着せてリングに上げる。するとミーコも皐月も、千夏に一蹴されてしまう。実は彼女、安藤一門という空手一家で育った女性格闘家だった。


解説

非合法の格闘イベント“ガールズブラッド”を舞台に、自らのアイデンティティに悩む女性たちが、格闘技を通して自分自身を見つけていく姿を描く。少年少女向けのライトノベルで知られ、のちに文芸作へ転進、直木賞を受賞した桜庭一樹の初期の作品が原作。主人公・皐月を演じたのは、「仮面ライダー555」のヒロイン役で一躍人気者になった芳賀優里亜。性同一性障害で女性恐怖症の女性空手家という役どころを凛々しく演じた。女性同士のラブシーンではフルヌードを披露、話題になること必至だ。メガホンをとったのは、ダイナミックなアクション演出を得意とする坂本浩一監督。戦隊ものなどで培った腕で、格闘シーンやバイオレンスシーンに躍動感を与える一方で、繊細なラブシーンも美しく仕上げている。


配給KADOKAWA
制作国日本 (2014)
ジャンルアクション ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2014年02月22日より角川シネマ新宿ほか全国にて



スタッフ

監督
アクション監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
音楽プロデューサー
主題曲/主題歌
録音
照明
編集
ライン・プロデューサー
制作担当
助監督

キャスト

俳優名役名
芳賀優里亜皐月 (サツキ)
多田あさみ千夏 (チナツ)
水崎綾女ミーコ (ミーコ)
小池里奈 (Koike Rina)まゆ (マユ)
山口祥行 (Yoshiyuki Yamaguchi)
前山剛久
杉原勇武
桃瀬美咲
桜木梨奈
三田真央
西野翔
周防ゆきこ
大島遥
安田聖愛
人見早苗
榊英雄 (Hideo Sakaki)
品川祐 (Hiroshi Shinagawa)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック