家族の灯り

息子の帰還と父の決断、そして家族は

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

家族の灯り

帳簿係として会社勤めをするジェボ。一家の暮らしは困窮を極め、8年前に失踪した息子ジョアンの不在が重くのしかかっている。息子が姿を消した理由を知るジェボだったが、最愛の息子の帰る日を信じて疑わない妻ドロテイアを気遣い、口を閉ざしたままだ。ジョアンの嫁ソフィアは待つことに疲れ切っていたが、心優しいジェボの気持ちを汲んでつましい暮らしに耐えていた。そんなある日、突然、ジョアンが帰ってくる。


解説

港に佇む1人の男の絵画のようなシーンで幕を開ける本作は、100歳を越えて尚新作を発表し続けるポルトガルの巨匠マノエル・ド・オリヴィエラが、作家ラウル・ブランダンの戯曲を自ら脚色した映画化作品である。原作は1923年に書かれたものだが、21世紀の今も、貧困は最も身近で切実な問題であり、不詳の息子ジョアンのように閉塞感に満ちた現状を打破しようともがくこともまた、人間がくり返してきた行為だ。マイケル・ロンズデール、クラウディア・カルデディナーレ、ジャンヌ・モローというヨーロッパの名優を揃え、この上なく簡潔な演出と美しい映像で、普遍的な貧困と誠実さについて描き、第69回ベネチア映画祭で絶賛された秀作。


配給アルシネテラン
制作国ポルトガル=フランス (2012)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2014年02月15日より岩波ホールほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
編集
衣裳デザイン

キャスト

俳優名役名
ミシェル・ロンズデール (Michael Lonsdale)
クラウディア・カルディナーレ (Claudia Cardinale)
ジャンヌ・モロー (Jeanne Moreau)
レオノール・シルヴェイラ (Leonor Silveira)
リカルド・トレパ (Ricardo Trepa)
ルイス・ミゲル・シントラ (Luis Miguel Cintra)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック