攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears

全4部作の第3弾

上映スケジュールはコチラ!
攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears
攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears
攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears

恋人と甘い一時を過ごす休暇中の草薙素子の元に、仲間となったバトーから爆弾テロの急報が届く。その現場を制圧すると主犯のカルディス人の胸にはテロリスト「スクラサス」のシンボルが刻まれていた。それと同じ頃、山の手のダムで起きた爆発でひとりの刑事が死亡した。その所持品には“人魚の脚(MERMAID'S LEG)”と記された義体技師の名刺と義体の脚部が遺されていた。それを手懸りに死んだ刑事の後輩であるトグサが捜査を開始する。


解説

1989年に士郎正宗が漫画作品を発表して以来、映画・TVシリーズ・OVAとして映像化されてきた『攻殻機動隊』。情報ネットワークとサイボーグ技術の発達によって人々の意思が“電脳”で繋がれた未来社会を舞台に始まる新たな物語が始める。全4部作のシリーズで描かれるのは、凶悪犯罪を阻止する事を目的とした攻性の特殊部隊“攻殻機動隊”の創設、そしてこれまでのシリーズ作品において謎に包まれていた全身サイボーグのヒロイン・草薙素子の物語。草薙と公安9課の荒巻、後に攻殻機動隊のメンバーとなるバトーやトグサらとの出会いとともに、電脳ウィルス“ファイア・スターター”を巡る壮絶なアクションと電脳戦が展開される。(作品資料より)


配給東宝映像事業部
制作国日本 (2014)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2014年06月28日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか全国にて



スタッフ

総監督
シリーズ構成
脚本
原作
キャラクター・デザイン
メカニックデザイン
撮影監督
美術監督
美術設定
音楽
音響監督
編集
3DCG 監督
プロップ
モーショングラフィック
特殊効果
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック