複製された男

脳力が試される、究極の心理ミステリー

上映スケジュールはコチラ!
複製された男
複製された男
複製された男

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

複製された男

大学の歴史講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。


解説

ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化。数多くの映画や小説で扱われてきた“もうひとりの自分”というモチーフを、かつてない独創性と寓意をこめて探求した衝撃的なミステリーとして、2013年のトロント映画祭で初上映後、カナダ・スクリーン・アワード5冠を達成したりと高い評価を得た。監督は『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。主人公のアダムとアンソニーをひとり2役で演じきるのは、『プリズナーズ』でも監督とコンビを組んだジェイク・ギレンホール。ふたつのキャラクターの孤独、混乱、狂気をこのうえなく繊細に表現した。(作品資料より)


配給クロックワークス
制作国カナダ=スペイン (2013)
ジャンルスリラー/サスペンス 
公式サイト公式サイトはこちら

2014年07月18日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
共同製作
撮影
美術
音楽
編集
衣裳デザイン

キャスト

俳優名役名
ジェイク・ギレンホール (Jake Gyllenhaal)Adam + Anthony (アダム/アンソニー)
メラニー・ロラン (Melanie Laurent)Mary (メアリー)
サラ・ガドン (Sarah Gadon)Helen (ヘレン)
イザベラ・ロッセリーニ (Isabella Rossellini)Mother (母親)
ジョシュ・ピース (Joshua Peace)Teacher at School (学校の先生)
ティム・ポスト (Tim Post)Anthony's Concierge (管理人)
ケダー・ブラウン (Kedar Brown)Security Guard (警備員)
ダリル・ディン (Darryl Dinn)Video Store Clerk (ビデオ屋の店員)
ミシャ・ハイステッド (Misha Highstead)Lady in the Dark Room (暗室の女性)
メーガン・メイン (Megan Mann)Lady in the Dark Room (暗室の女性)
アレクシス・ウイガ (Alexis Uiga)Lady in the Dark Room (暗室の女性)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック