赤線玉の井 ぬけられます

東京“玉の井”で働く売春婦たちの哀歓を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

シマ子は玉の井の特飲店「小福」で働いている売春婦である。彼女は、どういうわけか刺青をしている男に弱くて、自分も太モモに、花札の桜の刺青をしている。そして現在は、やくざの志波と馴染みを重ねている。新春を迎えて、いよいよ四月一日から売春防止法が発令されることになった。公子は正月早々下町のアパートに住む松田と結婚するために辞めた。昨年の正月に繁子が一日に二十六人の客をとったと聞いた直子は、十三人を済ませたばかりだが、繁子の記録を破ろうと大張り切りである。帳場の親父の話では酔っぱらい相手には“また火鉢”で温めるのがいい、と聞かされた女たちは、早速、大火鉢に股がって肝心のところを温めて、客を相手にした。


解説

昭和三十三年の新春を迎えて、いよいよ四月から売春防止法が施行されるという頃の東京“玉の井”の特飲街に働く売春婦たちの哀歓を描く。原作は清水一行の『赤線物語』。なおタイトル画、風俗考証は漫画家の滝田ゆうが担当。脚本・監督は「青春の蹉跌」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。


配給-
制作国日本 (1974)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
監修
脚本
原作
製作
撮影
美術
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
宮下順子 (Miyashita Junko)シマ子
蟹江敬三 (Keizo Kanie)志波
清水国雄ラーメン屋店員
前野霜一郎工員風の男
河野弘飲食店のおやじ
丘奈保美直子
織田俊彦サラリーマン風の男
五條博山口
益富信孝モーニングの客
高橋明酔っぱらいの客
影山英俊二十五人目の客
芹明香公子
古川義範松田
伊豆見英輔運送屋
江角英明四十男
庄司三郎
小見山玉樹
吉野あいあい子
中島葵繁子
絵沢萠子小福のおかみさん
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)小福のおやじ
河野弘刺青
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック