四谷怪談(’65)

鶴屋南北原作“東海道四谷怪談”を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

民谷伊右衛門は主家没落後、傘張り職人に身を落していた。妻のお岩は、彼と同藩の四谷左門の娘であったが、左門はお家断絶の時、御用金を盗んだ伊右衛門を嫌い、お岩を連れ戻し離縁を迫っていた。お岩の妹おそでは、そんな一家を淫売宿に出て支えていた。おそでには許嫁佐藤与茂七がいたが、もと四谷家の仲間直助は、おそでに横恋慕し、おそでのもとに足しげく通っていた。淫売宿をやる按摩の宅悦から、お岩が淫売宿に出ると聞いた伊右衛門は、左門と口論の末、殺害した。時を同じくして、直助は、偶然与茂七と再会したおそでの容子から恋の叶わぬことを知って与茂七を暗殺。顔の皮をはぐとばったり出会った伊右衛門と協力して、死体を左門宅に運んだ。


解説

鶴屋南北原作“東海道四谷怪談”を、「波影」でコンビの八住利雄が脚色、豊田四郎が監督した怪談。撮影は「侍」の村井博。


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル
特殊技術

キャスト

俳優名役名
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)民谷伊右衛門
三島雅夫宅悦
小美野欣二奥田庄三郎
中村正太郎笹山源吾
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)伊藤喜兵衛
永田靖四谷左門
平幹二朗 (Mikijiro Hira)佐藤与茂七
矢野宣小仏小平
内田透古着屋手代庄七
中野伸逸米屋の若い衆長蔵
松本克平庵主浄念
岡田茉莉子 (Mariko Okada)お岩
池内淳子 (Ikeuchi Junko)おそで
大空真弓お梅
淡路恵子 (Awaji Keiko)おまき
野村昭子お色
滝田裕介刀屋巳之吉
十七代目中村勘三郎直助権兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック