花ひらく娘たち

石坂洋次郎の原作を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

民子は、いつも地味な和服に身を包み自宅で和文タイプの仕事をしていた。妹の加奈子は、引っ込み思案の姉とは正反対でボーイフレンドにはこと欠かないドライ娘だった。中学生の弟新助はそんな二人に、見合をさせようと思っていた。一方、大助もクラスメート恵子の兄一雄を、姉たちに紹介しようと言いだした。ところが、訪門日が重なり、柿崎家ではその準備にてんてこまいの忙しさだった。一方、柿崎家で偶然に出会った一雄と忠吉は、高校時代の同級生だった。そんな訳で、柿崎家は、和気あいあい賑かな雰囲気に包まれた。


解説

石坂洋次郎の原作を「だれの椅子?」の三木克巳と鎌田敏夫が共同脚色し、「花の恋人たち」の斎藤武市がメガホンをとった青春映画で日活若手のオール・スターもの。撮影は「ある少女の告白 純潔」の山崎善弘が担当した。


配給-
制作国日本 (1969)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)柿崎民子
和泉雅子柿崎加奈子
浜田光夫 (Mitsuo Hamada)坂本一雄
杉良太郎矢口忠吉
渡哲也 (Tetsuya Watari)信次
清水将夫柿崎良太郎
沖雅也柿崎大助
松原ノボル柿崎新助
宇野重吉 (Jukichi Uno)坂本哲二
東恵美子坂本文子
川口晶坂本恵子
川島育恵矢口和子
斎藤チヤ子早苗
西恵子女事務員
丘みつ子坂正の女事務員
阿部琴江加奈子の同僚
神山勝医者
鶴田喜由先輩
鈴村益代ばあや
秋とも子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック