骨まで愛して

斎藤武市が監督した歌謡ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

夜霧につつまれた港横浜。麻薬密輸グループ青木組の幹部加納誠は、いつになく緊張した表情だった。中国人との重大な取り引きもさることながら、この仕事を最後にヤクザから足を洗い、ボス青木の情婦神林あや子と香港へ逃亡する計画だったからだ。計画がもう一歩で成功する直前、ダイスの政という流れ者のヤクザの思わぬ邪魔にあい、取り引きは大混乱、誠が肩に銃弾を受けて失神しているうちに、青木はあや子を無理矢理香港へ連れ去ってしまった。――一年後、傷もいえ堅気になった誠は、函館の牧場で働いていた。牧場主小川老人は、頑固だが親切な人だし、小川の姪千代の快活さは、誠の古傷をすっかり忘れさせた。そんな牧場にもただ一つ悩みの種があった。千代の兄浩一は、手のつけられぬ道楽者で、藤崎組のイカサマ賭博に一千万円の借金を背負っていたのだ。


解説

「東京流れ者」の川内康範が、自分の原作をシナリオ化し、「青春のお通り 愛して泣いて突走れ!」の斎藤武市が監督した歌謡ドラマ。撮影は、「青春のお通り 愛して泣いて突走れ!」の荻原憲治が担当した。


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
渡哲也 (Tetsuya Watari)加納誠
浅丘ルリ子 (Asaoka)神林あや子
松原智恵子 (Matsubara Chieko)小川千代
宍戸錠 (Jo Shishido)ダイスの政
金子信雄 (Nobuo Kaneko)青木
深江章喜相川
北竜二 (Ryuji Kita)小川
杉江弘浩一
近藤宏藤崎
郷英治
木島一郎吉田
柴田新三黒田
市村博サブ
吉田毅五郎
浜川智子圭子
河上信夫石岡
広瀬義彦山本
弘松三郎中国人
山口吉弘
三谷竜男支配人
福田トヨ小料理お女将
沢美鶴藤崎組子分A
田畑善彦藤崎組子分B
島村謙次青木組子分A
本目雅昭青木組子分B
園田健夫ボーイ
桂小かん牧夫A
田中滋牧夫B
宮原徳平刑事
水川国也船員風の男
青木富夫 (Tomio Aoki)運び屋
城卓矢城卓失
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック