ロンドン・リバー

テロ発生後のロンドンで子どもの行方を追う

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ロンドン・リバー

オスマンとエリザベスは、ごく平凡な日々を送る人々。フランスに暮らすオスマンには息子がおり、ドーバー海峡の島に住むエリザベスには娘がいた。2人の共通点は、子どもたちがロンドンの学校で学んでいること。だが、2005年7月7日に起きた同時多発テロで、ともに子どもたちが消息不明になってしまう。イスラム教徒のオスマンとカソリック教徒のエリザベスは、異なる宗教的背景を持ちながらも、自分たちの子どもを探すため、一緒に旅することを決意。文化的な違いをよそに、彼らは互いに励まし合い、必ず無事に見つかるという希望を抱き続けるが……。


解説

2005年に起きたロンドン同時多発テロで、ともに子どもが消息不明になったムスリムの男性とカトリックの女性が、文化的背景の違いを乗り越え、協力して捜索に乗り出す姿を描いたドラマ。2009年のベルリン国際映画祭でソディギ・クヤテが男優賞を受賞した。(作品資料より)


配給熱帯美術館
制作国アルジェリア=フランス=イギリス (2009)
ジャンルドラマ 

2014年08月16日より



スタッフ

監督
脚本
プロデューサー
撮影
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣裳デザイン
キャスティング

キャスト

俳優名役名
ブレンダ・ブレッシン (Brenda Blethyn)Elisabeth (エリザベート)
ソティギ・クヤテ (Sotigui Kouyate)Ousmane (オスマン)
フランシス・マギー (Francis Magee)
サミ・ブアジラImam (イマーム)
ロシュディ・ゼム (Roschdy Zem)Le Boucher (ル・ブーシェ)
マーク・ベイリス (Marc Baylis)Edward (エドワード)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック